大正12年の創業以来、私達は、製鋼原料である鉄スクラップの集荷から加工及び製鋼メーカーへの納入を、一貫体制で行って参りました。早くから資源の再利用・リサイクルに取り組み、現在では東日本に19拠点と海外に2拠点の工場を構え、年間の取扱高約120万トンと、製鋼原料加工事業としては国内トップクラスの規模と実績を誇るまでになりました。

循環型社会へ向けた取り組みが活発になり、地球環境保護に対する意識が更に高まっている昨今、鉄リサイクルに於いても加工処理技術で業界をリードする私達の社会的責任も大きくなり、その責務を果たすべく、日々全力を傾けております。

役目を終えた自動車や電化製品の増加、都市のリサイクル等により、鉄の資源再生の需要はますます高まり、リサイクルされる量が増えてくることが見込まれます。また、急速な産業技術の進歩で、私達の生活が更に便利になる反面、使用される材料も変化してきております。

今後、YAMANAKAは、より高度なリサイクル技術を探求し、再資源化率の更なる向上を目指して、お客様、また社会への貢献を目指して日々努力して参ります。

代表取締役社長 山 中 昌 一